フォトFRについて


札幌市清田区のエステサロンに最新フォトRFが大人気です!

 

フォトRFは、しみやそばかす、赤ら顔、しわ、毛穴の改善が期待できる施術法です。

痛みが少なく、ダウンタイムが短いのが魅力です。日焼けしやすい夏でも施術が可能です。1カ月に1回程度の3~6回受けるようすすめています。

しみやそばかす、常に赤みのある顔、鼻や鼻横の縦長になった毛穴、鏡を見るたび気にしてしまっている人も多いと思います。

それぞれを一つ一つ解決していこうとすると、時間やお金がかさんでいきます。

そんな肌悩みを一度で解決してくれるのがフォトRF

 

フォトRFは色素沈着やしみやそばかす、くすみ、ニキビやニキビ跡、毛穴の開きやシワ、たるみにも働きかけてくれ、肌にハリとツヤを解消。

色素に反応する光エネルギーと高周波の熱が真皮層を活性化することでコラーゲンの産生を促し肌の内側からハリや弾力をもたらします。

何故、今「フォト+ラジオ波」か?

今までの「光複合機」は、IPLのみ照射される機械でした。

しかし、「IPL機器」はすでに20年以上前の「原理」に基づいて作られています。
開発当初は、「画期的」ではありましたが、次第に「欠点」も分かりだし、今では「IPL複合機」の「進化版」である、「IPL+RF」に変わりつつあります。
では、「どうしてフォト+ラジオ波は作られたのか?」

皮膚の張りやリフティング効果を得る為には、真皮層に高い熱エネルギーを与えなくてはなりません。
しかし、「IPL(いわゆるフォトフェイシャル)」では、表皮のメラニン色素に吸収されてしまい、真皮層まで熱エネルギーを送り込む事は出来ません。
仮に、送り込もうと「高いエネルギー」で照射すると「熱傷」を与えてしまいます。

そこで、開発されたのが「光+RF」です。

フォト+ラジオ波は、IPLと言う光エネルギーとRF(ラジオ波)と言う高周波エネルギーを組み合わせた機械です。

この機械の出現によって、IPLの持つ「くすみ」「表皮性のしみ」「赤ら顔」「肌質の改善」と言った効果をさらに引き出し、その効果に加え、「肌の張り」「毛穴の改善」「リフティング」と言った幅広い処置が効果的に行えるようになりました。

今までの「IPL複合機」では理論的限界があります。
それは、どのような機種であろうと、ターゲットまでエネルギーを到達させようとすると、光が必ず表皮を通過する為、表皮メラニンで熱発生が起きます。
高出力のエネルギーを照射すれば、表皮に熱傷を生じさせてしまう事になります。
特に、「白人以外」の「人種」には、これが顕著に出ます。
このような「限界」によって、開発されたのが「フォト+RF」です。
元々の原理である「IPL」は、Dr.パトリックが開発し、その欠点を補って作った「フォト+RF」は、Dr.パトリックJr(息子)が改良し開発しました。

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

IPLとは

 

IPLは黒い色や赤い色に吸収される光をを用いた施術のことです。

その特徴を生かして、しみやそばかすの原因となるメラニン色素を分解して消し去るほか、赤みのあるニキビ跡や毛細血管が拡張した赤ら顔にも効果が期待できます。

 

RF(ラジオ波)とは

 

RFは高周波エネルギーのことです。RFは皮膚の奥の真皮層にエネルギーを届けることができるのもで熱ショックタンパク質をもたらすことができます。この熱エネルギーの作用でコラーゲンやエラスチンの生成が促されるため、肌のたるみやシワ、毛穴の開きが改善していきます。

どのくらいの期間が効果の目安?

しみの大きさやそばかすの数にもよりますが、小さいしみやそばかすであれば、1度の施術ですっきりすることもあります。

 

通常は3~4週間に1回程度の施術を5,6回重ねながら徐々に改善を図ります。

 

どのようなしみでも改善が目指せる?

通常フォトや、フォトRFでは深いしみは反応が悪く、肝斑は逆に悪化させることもあります。

しかし、カーボンを使用することによって、今まで出来なかった肝斑や深いしみ、毛穴の拡張などに効果を出すことができるようになりました。

弊社で扱っているフォトRFは日本で唯一カーボンフェイシャルができるマシーンです。

 

今まで肝斑が原因でレーザーやIPLを諦めていた方に、安心で理想的な施術法といえます。

カーボンフェイシャルは何に効果があるの?

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

フォトRFで行うカーボンフェイシャルは熱エネルギーを使います。

効果は「引き上げ」「ピーリング効果」「毛穴の縮小」「肌質改善」です

ピーリング効果と肝斑のメラニンに反応させWの効果で改善をめざせます。

深いしみに対しても、繰り返しカーボンフェイシャルを行うことによって、メラニン色素が上にあがってきて徐々に薄くなります。

 

フォトRFで赤ら顔の改善をめざす

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル
札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

赤ら顔は「顔が赤い状態が長く続く症状」のことです。室内外による温度差によって発生する一時的に赤くなる状態ではありません。

 

原因はいろいろありますが、フォトRFでは毛細血管が透けている・ニキビなどによって炎症を起こしている、場合に効果を発揮しています。

 

赤ら顔の判断が難しい方も多いです。酒さの皮膚や、他の炎症、あざの場合もありますので、カウンセリングを受けてください。

 

なぜ赤みが改善するの?

 

フォトRFは黒と赤い色に吸収するという特性があります。毛細血管が透けて見えている赤ら顔は血液の色素である赤いヘモグロビンに反応して毛細血管を溶解し、改善へと導きます。

 

どれほどの期間で改善が目指せるの?

 

症状が改善するには、だいたい3~4週間おきに5~10回程度の施術が推奨されています。

 

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル
札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

シワの改善を目指す

皮膚の奥深くの真皮層にある繊維芽細胞に熱エネルギーを届けることによって、コラーゲンやエラスチンの生成を促します。

コラーゲンもエラスチンも肌のハリを維持するにはとても重要なものです。

皮膚を指でおして、皮膚が戻ってくるのは繊維芽細胞のおかげであり、この繊維芽細胞はコラーゲンが主成分なのでそれを強化し生成することが弾力を取り戻すことになります。

 

どれほどの期間でしわ改善が目指せるの?

 

シワの深さや数にもより一概には言えませんが、さほど深くないシワであれば一度で改善するかたもいらっしゃいます。

ほうれい線や表情筋の深いものに対しては難しいと言えます。

ただ張りがでてほうれい線が目立たなくなっている方もいます。

 

口元の縦ジワに対しても効果がでています。

症状が改善するには、だいたい3~4週間おきに5~10回程度の施術が推奨されています。

 

毛穴の改善を目指す

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

皮脂づまりで広がった毛穴

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

たるみによる縦毛穴

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

酸化した毛穴の黒ずみ


さまざまな毛穴のタイプがありますが、あなたはどれでしょうか?

 

また今は大丈夫でも年齢と共に毛穴は広がってきます。鼻や頬の毛穴を引き締めるのはなかなか難しいものです。

カーボンを施術箇所の毛穴に入れ込むことによって、

今までIPLの光だけでの施術では素通りしていた、毛穴の中の油や毛穴の中の色素沈着に反応させます。

カーボンフェイシャルで

札幌 南郷 福住 美顔 フォト しみ カーボンフェイシャル

毛穴が1度で!